意志決定のパートナーとして
 
   
 
<ごあいさつ>

   
President  不動産市場価格は、平成に入って2度のバブルとその崩壊に遭遇しました。

 一回目のピーク(平成2年)は、地価は常に右肩上がりで推移するという「土地神話」、二回目のピーク(平成19年)は株式上場されたリートは破たんしないという「Jリート神話」といえるでしょう。土地神話もJリート神話も人間の経験則や智慧から生まれたものですが、あくまで神話は妄想であり絶対的なものではありません。

 一方、その崩壊については、総量規制や金融システムの崩壊といった「金融収縮」という共通項がその主な原因といえるでしょう。

 いかに不動産(器)が良くても金融(血液)が流れなければ役に立たない置物でしかありません。金融は、景気刺激あるいは抑制する調整弁の役割を果たしますが、それが不動産の価格をも上下させるのです。言い換えれば、経済変動によって不動産価格は上がったり、下がったりする時代に入ったのです。

 不動産の価格は、本来持っている不動産のポテンシャルと資金調達力の両軸で決まると言えます。

 そこで、私たち専門家集団は、資金調達力に見合った不動産の有効利用のノウハウを皆様に提供していきたいと願っております。

 ところで不動産鑑定士は、鑑定評価額を決定し鑑定評価書を出すだけの専門家だという狭い業務範囲の認識を持たれていませんか。それは否です。

 私たちは、実にさまざまなフィールドで業務を行っております。不動産市場分析や投資分析をはじめ取得・運用・処分時における費用対効果分析、賃料訴訟などでの準備書面、答弁書への参画など、不動産に関する隣接周辺業務は豊富にあります。

 アクセス鑑定は、不動産情報の中から確かな情報・指針(鑑定)をご依頼者に提供・伝達(アクセス)することを使命と考え社名としました。

 そこで、弊社は、玉石混淆の情報の中から必要な情報だけを選択する、いわばフィルターの役割を果たし、お客様に対し確かな指針を提供させていただきます。

 不動産の鑑定評価はもちろん隣接・周辺業務まで、豊富な経験と専門知識を有する私たちに何なりとお気軽にご相談ください。

 私たちは、お客様の意思決定のパートナーとしてお役に立てることを願っております。

社員一同

 
       
   
Copyright(C) 1999,2009 Access Appraisal Co.,Ltd
(Home Page:Speed-up System Inc. Osaka)