貸している人借りている人   0006


家賃の値上げを請求されました。土地の値段は下がっているのに納得がいきません。


納得がいかない場合は相当と思う賃料を法務局に供託し、家主の出方を待ちましょう。

大家から家賃の値上げを請求されたが、どうすればいいか?土地の値段は下がっているというのに、値上げとは納得がいかない。 公租公課の増減、土地建物価格の高低、比隣賃料と不相当な場合において、賃料を増減できる旨、借地借家法は定めております。納得がいかない場合、相当と思う賃料を法務局に供託し、家主の出方を待ちます。家主は、裁判所に家賃増額請求の訴えをおこせば、とりあえず裁判所で調停手続きがとられ、その後、合意できなければ裁判ということになります。土地の値段が一方的に下がっているのに理不尽な値上げかもしれませんが、周辺の賃料より相当低い場合はやむを得ないケースもあります。事前に相談されることが近道かもしれません。
アクセス鑑定・活用可能サービス
コンサル
         
戻る


Copyright(C) 1999,2001 Access Appraisal Co.,Ltd
(Home Page:Speed-up System Inc. Osaka)