有効活用について知りたい人   0018


親族間で土地の交換をしようとおもっていますが、どうすればいいですか?


価格・対象面積などが「お手盛り」になりがちなので、条件があわないと税金が双方にかかる場合があります。

親族間で土地の交換をしようとおもっています。知り合いの税理士さんに聞いたら、「同じ価値じゃないと、お互いに税金がかかりますよ」といわれました。どうすればいいですか? 交換は、条件さえ整っていれば特例により税金がかかりません。しかし、交換しようとする不動産の差額が、高い方の不動産の2割を超えてしまうと、それぞれの取引が譲渡と見なされ、互いに譲渡所得税がかかってしまいます。交換しようとする土地等はお互いの思惑があり様々なので、必ずしも値段が同じにならない場合が多いようです。そこで、特例が受けられるように差額を2割以内に収めるよう、鑑定書を利用してください。税理士さん等との連携で、余分な税金を払わずして、互いの交換目的を達するよう考えるべきです。
アクセス鑑定・活用可能サービス
税務署への証明機能を考えると「不動産鑑定評価書
         
戻る


Copyright(C) 1999,2001 Access Appraisal Co.,Ltd
(Home Page:Speed-up System Inc. Osaka)