売りたい人買いたい人   0022


親族間で不動産を売買したいのですが、いくらぐらいが適切なのでしょう?


第三者間での「適正な時価」を知って、これにかけ離れない価格で取引する必要があるでしょう。

親族間で不動産を売買したいのですが、いくらぐらいが適切なのでしょう? あまり親族間の思惑で売買すると、「高すぎ、安すぎ」で贈与税や譲渡所得税など余計な税金がかかる場合があります。なるべく、第三者間での「適正な時価」を知って、これにかけ離れない価格で取引する必要があるでしょう。「相続税路線価」はそのひとつの目安になりますが、鑑定書で取引すれば確実です。「取引時点での適正な時価」という観点からは、これに優るものはありません。
アクセス鑑定・活用可能サービス
「不動産価格査定書
         
戻る


Copyright(C) 1999,2001 Access Appraisal Co.,Ltd
(Home Page:Speed-up System Inc. Osaka)