売りたい人買いたい人   0036


競売物件は安いと聞きました。買いたいと思いますが、どうすればいいのですか?


新聞等に公告されたなかにご希望の物件があれば、当該物件についての物件明細書、現況調査報告書、評価書が裁判所で閲覧できますので、それらをもとに入札することになります。

競売物件は安いと聞きました。買いたいと思いますが、どうすればよろしいか。 ご質問の競売物件は期間入札による物件です。期間入札は、裁判所が1週間以上1ヶ月以内の範囲で入札期間を定め、その期間内に入札を受け付け、別に定めた開札期日に開札を行って最高価買受申出人を定める方法です。売却される物件については、入札期間が始まる日の2週間前までに、売却される不動産、入札期間、開札期日が開かれる日時・場所、不動産の最低売却価額、買受の申出に際して提供しなければならない保証の額や提供方法等、売却について重要な事項が公告され、新聞にも掲載されます。ご希望の物件があれば、当該物件についての物件明細書、現況調査報告書、評価書という3つの書類が裁判所で閲覧できますので、それらをもとに入札することになります。これらの資料はあくまで参考資料ですので、ご自身で現地をご覧になったり権利関係、公法上の規制等の調査・確認をお勧めします。それが困難な場合は不動産鑑定士、弁護士等の専門家に依頼されるのもよいでしょう。また最低売却価額は、一般に相場より安いといわれますが不動産は個別性が強いので、その点についても専門家の意見を聞くことも判断材料の一つです。入札の方法等の詳細については、最寄の地方裁判所、その支部の競売係にお問い合わせ下さい。
アクセス鑑定・活用可能サービス
コンサル、競売物件の詳細調査につき「不動産価格査定書
         
戻る


Copyright(C) 1999,2001 Access Appraisal Co.,Ltd
(Home Page:Speed-up System Inc. Osaka)