相続について悩んでいる人   0038


相続税申告をお願いした税理士さんから「2次相続のことも考えなくては」とアドバイスされましたが・・


存命配偶者が高齢の場合、次の「2次相続」が近い可能性があり、トータルの税金を考慮する必要があります。

父が他界し、とりあえず母に財産を相続させることで相続税を少なく抑えました(配偶者の特別控除を適用)。しかしお願いした税理士さんから「お母様はご高齢だし、2次相続のことも考えなくては」とアドバイスされました。どのようにすればいいでしょう? 配偶者の取り分を多くすることでかなりの相続税が回避できます。しかし、存命配偶者が高齢の場合、次の「2次相続」が近い可能性があります。とりあえずは相続税を逃れたものの、次は配偶者の特別控除は適用できず、まともに税金がかかることになります。1次相続の時点である程度2次相続を考慮して遺産分割をする事とあわせて、トータルの税金を考慮した早めの対策を打つことが肝要です。所有不動産の時価は1次の段階で「相続評価通達」で評価されているかと思いますが、まず鑑定書で「時価」を把握しましょう。「誰がどの不動産を取得するのか」「有効活用と相続税評価の軽減をはかる手段はないか?」「納税資金を捻出するため、どの不動産を売却すればいいのか」「どの不動産を物納にまわせば効率的か」など、様々な判断の決定根拠になります。
アクセス鑑定・活用可能サービス
内部のたたき台として「不動産価格査定書
         
戻る


Copyright(C) 1999,2001 Access Appraisal Co.,Ltd
(Home Page:Speed-up System Inc. Osaka)