貸している人借りている人   0050


家賃を下げてもらいたいのですが、どうすればいいですか?


賃料が高いか安いかは単純には決めらないため、適正な家賃を要求するには裁判等で争うことになるでしょう。

家賃を下げてもらいたいのですが、どうすればいいですか? 賃貸借契約は本来当事者間の債権債務契約ですから、家賃を一方的に下げる訳にはいきません。現行賃料が高いか安いかは単純には決められません。適正な家賃を要求するには裁判等で争うことになるでしょう。そのための準備として不動産鑑定士の相談と鑑定書による公的証明があれば有利に働くことは事実です。でも、もともと割安な賃料を地価の下落により、早計に賃料の値下げに至らない場合もありますので、弊社にご相談いただければご納得いく回答をご提示致します。
アクセス鑑定・活用可能サービス
まずは「コンサル」 裁判の資料なら公的証明能力を有する「不動産鑑定評価書
         
戻る


Copyright(C) 1999,2001 Access Appraisal Co.,Ltd
(Home Page:Speed-up System Inc. Osaka)