貸している人借りている人   0052


家賃の値上げ・値下げは、貸主・借主の「言い値」になってしまいますが、うまい解決方法はありませんか?


まず、高いと思うなら適正だと思う額を法務局に供託し、以下調停裁判という過程になります。

家賃の値上げ・値下げは、貸主・借主の「言い値」になってしまいますが、うまい解決方法はありませんか? 供託する手立てがあります。高いと思うなら適正だと思う額を家主に支払う。当然家主は受取を拒否します。そこで、その家賃を法務局に供託の申請をして適正と思われる家賃を供託します。やがて、家主は裁判所に訴えて値上げ額を要求してきます。そこからは、両者の証拠書類に基づいて争いが続きます、ただし、今は調停前置主義により取りあえず両者に和解を調停します。その上で調停が不成立な場合に本訴となります。そこで値上げ額が適正か否かの審議がなされます。この時点までに鑑定評価書が提出していれば有効な証拠資料として有利に働くでしょう。でも、争いはできるだけ避けたいものですし、やるからには勝訴しなければ意味がありません。こういったケースでは事前に弊社にご相談ください。的確なアドヴァイスを致します。
アクセス鑑定・活用可能サービス
まずは「コンサル」 裁判の資料なら公的証明能力を有する「不動産鑑定評価書
         
戻る


Copyright(C) 1999,2001 Access Appraisal Co.,Ltd
(Home Page:Speed-up System Inc. Osaka)