相続について悩んでいる人   0063


物納はどんな不動産でもいいんですか?


売却や管理が困難な物件はとってくれない可能性があります。

物納はどんな不動産でもいいんですか? 物納不適格な不動産としては以下のようなものがあります。(相続税基本通達42-2)
・買い戻し特約の登記、所有権移転の仮登記のあるもの
・売却できる見込みのないもの(崖地、著しく不整形な土地、無道路地、私道など)
・賃料が不当に低いまたは相当期間滞納となっている貸地、貸家
これらの不動産は持っていても後々様々な困難をもたらすものですから、相続の際に処理を考えるべきです。また、相続すると評価額が市場での価値より高くなる可能性もあり、物納を検討した方が得策です。当社では上記不適格条件をクリアする方法のアドバイスを提供できます。
(関連FAQ:「相続について悩んでいる人  0027」)
アクセス鑑定・活用可能サービス
コンサル
         
戻る


Copyright(C) 1999,2001 Access Appraisal Co.,Ltd
(Home Page:Speed-up System Inc. Osaka)