素朴な質問   0064


家の建替えにつき、建築基準法43条但書の申請が必要だといわれました。


建築する場合、建築基準法上の道路に接することが必要ですが、それ以外に例外として43条但書きにより許可される場合があります。

家を建替えようとしたら、「この道は“43条但し書き道路”だから、建替えについては許可申請や近隣の人の同意が必要だ」といわれました。なんですか? 都市計画区域内では、建築する場合,建築基準法上の道路に接することが必要です。いわゆる42条1項、及び2項道路です。それ以外に例外として43条但書き道路があります。43条は「建築物の敷地は、道路(次に掲げるものを除く。次条第1項を除き、以下同じ。)に2メートル以上接しなければならない。ただし、その敷地の周囲に広い空地を有する建築物その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したものについては、この限りでない。」とあります。このただし以下の許可基準において各市町村毎に微妙に異なりますので許可申請やそのための周辺同意が必要な場合があります。このようなただし書き道路は、42条と違って面倒な申請や道路付けも相対的に悪いため、土地の値打ちも低くなるケースがあります。
(関連FAQ:「売りたい人買いたい人 0031」)
アクセス鑑定・活用可能サービス
         
戻る


Copyright(C) 1999,2001 Access Appraisal Co.,Ltd
(Home Page:Speed-up System Inc. Osaka)