週刊アクセス
 
  2006年号-総合目次  
   
   
   
  このページは「ヘッドライン」の題目を発行日順に記載したものです。  
  検索は、メニューバーの「編集」をクリックし、「このページの検索」を選択してください。  
      
平成18年1月4日 第295号
過去の経験にとらわれず、経験を生かす


平成18年1月11日 第296号
大型店の郊外出店を制限、1万平方メートル以上対象・政府案
継続賃料という不動産価値−なかなか厄介なシロモノ


平成18年1月18日 第297号
個人の景況感が改善、過去最高の水準に・日銀調査
“価格時点での市場代行者”という不動産価格の専門家


平成18年1月25日 第298号
オフィス市況改善傾向が拡大IDSS調べ
平成17年不動産鑑定士試験第3次試験合格者発表
   −新たに鑑定士が213名誕生


平成18年2月1日 第299号
梅田の専門店街「EST―1」15年ぶり全面改装
人口の高齢化と都心の開発―ある地方主要都市の場合


平成18年2月8日 第300号
住宅業界、高齢者住み替え支援へ新法人・国が賃料保証
鑑定評価のよりどころとなる基準
   −改訂・競売不動産評価マニュアルの出版をみて


平成18年2月15日 第301号
日銀総裁「消費者物価、1月以降はっきりプラスに」
泉佐野コスモ跡地公園計画、議会反発で迷走
   ──予算案提出先送り、府の需要予測甘く
専門家の共通言語も、よく聞けばわかる。


平成18年2月22日 第302号
昨年の新設住宅着工4%増・3年連続で前年上回る
マンション主戦場 郊外へー都心物件値上がりで
2005年人口、自然減を確認−速報値4361人減


平成18年3月1日 第303号
事業用定期借地権、20年超―50年未満も・与党、法改正案提出へ
ポートアイランドのダイエー運営レストラン跡地に結婚式場
工場立地の「関西回帰」とその経済効果〜関西飛躍の源とその死角〜
裁判所で最終的に揉め事が解決される


平成18年3月8日 第304号
量的金融緩和政策解除の動向を巡って
次々と出される法改正案−アスベスト&耐震の事実認識はしっかりと


平成18年3月15日 第305号
日土地・三井不動産住宅リース 団塊世代向け賃貸住宅竣工
   ―都会に激増するシニアへの新たな提案


平成18年3月22日 第306号
住宅ローン、「長期固定」シフト加速・10年以上に人気
商業の動向−主要都市圏の3分の2が売り場面積増でも販売減に


平成18年3月29日 第307号
マンション管理、専門家が連携し幅広く助言──管理士のNPO、弁護士ら参加
専門家もわからない“バグ”−祈る気持ちで修理を頼む


平成18年4月5日 第308号
平成18年・今買い時か?〜地価公示発表から
マンション履歴システム「マンションみらいネット」登録申込受付開始
日本の従業員、仕事意欲は世界最下位
進化・低廉・複雑化するIT電子地図(ASP・ソフト)−やりたいことと予算で探す


平成18年4月12日 第309号
シーソー理論から2極化へ
マンション修繕費など信託可能に・国交省07年度導入検討
地域の将来予測−例えば、人口ピラミッドの推移とこれから


平成18年4月19日 第310号
不動産の取引価格、ネットで公開・国交省
富士山大噴火!?――地球をクルクル、グーグル・アース(Google Earth)
データ分析は継続・多量が大事−何のためのデータ分析か?


平成18年4月26日 第311号
別の場所での暮らし、4割が希望・首都圏の団塊世代
データ分析〜その2 H18.4.27国交省公開の取引事例データ


平成18年5月3日 第312号
きしむ中東経済――原油高騰の影で、投資熱冷め株価急落
コンプライアンスの今日的意味−法を守るだけでなく社会の要請に応える


平成18年5月10日 第313号
05年度の消費者物価指数、8年ぶりプラスに
還元利回りを算定するため、まず多量のデータに基づくベンチマークを作る


平成18年5月17日 第314号
Market Analysis(市場分析)


平成18年5月24日 第315号
道路交通法改正――新しい駐禁取り締まり、処理は1台2〜3分
Scope of work(業務内容と範囲)−米国鑑定業務統一基準(USPAP)2006改訂


平成18年5月31日 第316号
千里ニュータウン第1弾は千里佐竹台住宅など一体整備
Googleを徹底的に活用する


平成18年6月7日 第317号
耐震や土壌汚染の適正鑑定求める−国交省、鑑定協会に


平成18年6月14日 第318号
米、長短金利が逆転――景気減速へ警戒感も
国土交通省『土地投資動向調査(H18.3)』−大企業は活発・上昇予測


平成18年6月21日 第319号
不動産業界の景気回復が拡大基調/土地総研・業況調査
国家資格者の専門家責任−何をもってその責務を判断するのか?


平成18年6月28日 第320号
3日でわかるビジネスGIS特訓ドリル!?


平成18年7月5日 第321号
空間情報シンポジウム2006・大阪
 −GIS活用技術の先進的な取り組み事例が一同に、
      弊社共同開発『アクセス路線価システムR』出展のご案内


平成18年7月12日 第322号
「生活意識に関するアンケート調査」(第26回)の結果
Q:GISで何が変わるの? −A:全ての情報が、地図上の住所をもつことになります。


平成18年7月19日 第323号
国土審議会土地政策分科会企画部会 低・未利用地対策検討小委員会
   検討結果の中間とりまとめを公表
GISのシンポジウムに参加して


平成18年7月26日 第324号
「住宅購入急いだ」8割――金利・地価に先高観
東京高裁・大和都市管財裁判控訴審
   ―抵当証券購入者・逆転敗訴 鑑定評価は「裁量の範囲内」


平成18年8月2日 第325号
未利用国有地の総点検結果について
『逐条解説 不動産鑑定評価法』―不動産鑑定法令研究会・編集


平成18年8月9日 第326号
景気回復論に影を落とす「働く人口」の縮小加速
   −好景気の指標に潜む“いつかとは違う”要因とは?


平成18年8月16日 第327号
定期借家権・再考―日本の賃貸市場はなぜわかりにくいのか?


平成18年8月23日 第328号
都市部における公図と現況のずれの公表について
継続賃料の鑑定評価の難しさ
   −経済的合理性をかなりかい離した法律・社会現象である


平成18年8月30日 第329号
村上隆は「毎日研究する」
   −アーティストにはビジネスセンスとマネジメントセンスが必要だ


平成18年9月6日 第330号
住宅セーフティネットの再構築
日本人の契約感覚とは?
   −例えば賃貸借契約書をじっくりみて借りているか?


平成18年9月13日 第331号
『建築訴訟の審理』−専門的知見を要する裁判を適正、迅速に解決するには?


平成18年9月20日 第332号
住宅と消費税
平成18年7月1日の都道府県地価調査・基準地価格が公表される
   −都心部を中心に地価の持ち直し傾向がより鮮明に


平成18年9月27日 第333号
日本人は昔から“持ち家志向”なのか?


平成18年10月4日 第334号
地域情報閲覧サービス「地図インフォ」
先週号「日本人は昔から"持ち家志向"なのか?」で、ひと議論!?


平成18年10月11日 第335号
「借家制度等に関する論点」に対する意見の概要


平成18年10月18日 第336号
平成17年 人口動態統計(確定数)の概況
収益分析法を継続賃料評価の手法に加えるべきか?
   ―収益価格≒市場価格の市況において収益性から継続賃料に迫る!


平成18年10月25日 第337号
工場立地件数増加――「持たざる経営」水面下で変化
実務と学術研究が本当に融合するとは、どういうことか?
   ―こんなときだからこそ、職業実務専門家に求められるもの


平成18年11月1日 第338号
美しい国の美しい日本語をもっと勉強しよう


平成18年11月8日 第339号
高齢者の将来の住宅の利用に関する意識調査
プロらしさとは何か?
  −実力を持続し結果を出すこと。お金や地位はあとについてくるものだ。


平成18年11月15日 第340号
社長報酬1500万円で約100万円の増税!・・・役員報酬一部損金不算入
取引事例比較法と賃貸事例比較法(新規と継続)は同列か?


平成18年11月22日 第341号
築20年以上マンション、修繕積立金「不足」43%・日経調査
移住・住みかえ支援機構が世代間住宅需給を橋渡し
   −高齢者持ち家を借上げて、子育て世代に賃貸


平成18年11月29日 第342号
定着している手順を踏襲することの大切さ
   −その順番で事を運んでこそ、適切に結論へ至る


平成18年12月6日 第343号
住宅の買い替え利益・売却損、課税優遇措置延長へ
ナマの街をライブで観察−○○経済新聞というネット情報


平成18年12月13日 第344号
レインズで成約情報を統計処理−国交省・不動産取引情報公開の一環


平成18年12月20日 第345号
「建てるなら豪邸」 芦屋・六麓荘に建築制限条例改正案
WebデータベースサーバとGISサーバで不動産関連データを活用する


平成18年12月27日 第346号
多くの“千代”が、日本を良くする


 

 
  戻る