〜今週のおおさか〜


日本銀行まんじゅうの謎を追えっ!!

丁稚(でっち)    : 「・・・どこが今週の大阪やねんなっ!」
小丁稚(こでっち) : 「発端が大阪やったらかまへんねん。編集長命令やしなー。」
丁 : 「そうやん、編集長からの指令で、先週大阪支店に電話したんやん。」
小 : 「ほな、そっから再現しましょか。はい、VTRスタート!!」




担当嬢:「はい。日本銀行営業課でござます。」
丁 : 「あのー、ちょっとお聞きしますけど。売店で日本銀行まんじゅうが買えるってホンマなんですか?
担当嬢:「えっ?それは、どこでお聞きになられたんでしょうか?」
丁 : 「え・・・あーっと、その、あー(中略)ひ、人から聞いたんですーっ」
担当嬢:「・・・そうですか。(すごい不審げ。)あの、あることはあるんですが・・・」
小 : 「えっ、ホンマにあるんですか?」
担当嬢:「あります。が、それは行員のみ購入可能な商品となっておりますので。」
小 : 「行員さんのみ、ってことは、」
丁 : 「見学に行っても普通の人は買えないんですか?!
担当嬢:「そうですね。」
丁 : 「はー。・・・あの、それは有名どころの和菓子屋さんの商品なんですか?
担当嬢:「東京の業者からの納品なので詳しいことは・・・あ、こちらのカタログですと、F月堂となってますね。」小 : 「カタログーーーーっ、なんでカタログがっっ」
担当嬢:「そもそも大阪の方では、販売そのものをしておりませんので、行員にも東京からの取り寄せで販売するようになっております。」
丁 : 「あ、じゃぁ東京本店の方やったら、一般にも販売してもらえるんですかね?」
担当嬢:「それは、こちらの方では存じ上げませんのでお答えできませんっ」
小 : 「ご・・・極秘事項?!」丁 : 「どひゃーっ」
丁 : 「ど、どうもありがとうございまっしたーっ」


担当のお嬢さんの口調が厳しくなったので、丁稚・こでっち、ここで一旦退散する。


丁 : 「支店じゃあかんかぁ。しゃーないな、本店の方にかけるか。」
小 : 「・・・まだ、『君のとこの受付に爆弾を仕掛けたよ、ふふふ。』 ゆーて電話する方が恥ずかしないでな。」

ピ・ポ・パ    ・・・・・・・  RRRRRR

担当嬢:「はい、日本銀行でございます。」
丁 : 「あの、すみません〜、そちらの売店で、見学のおみやげに日本銀行まんじゅうっていうのが買えるって聞いたんですが〜
担当嬢:「日本銀行まんじゅうですか?!」
丁 : あははははは・・・・・はい。」
担当嬢:「あの、桃山日銀まんじゅうならございますが?」
小 :ももやまにちぎんまんじゅー?!」
丁 : 「え、それは一般にも販売してもらえるんですか?」
担当嬢:「いえ、見学に来ていただいた時には無理なんですが、通販でしたら。」
丁 : 「つーはん?!って、あの通販かいなっ!」
小 : 「他にないやろなぁ」
小 : 「通販やったら買えるんですか?」
担当嬢:「はい。あの、それでもよろしいですか?」
丁 : 「はい、ぜひっ。」小 : 「まさか、買えるとは・・・」
丁 : 「あの、大阪支店では行員の方しか購入できないって言われたんですけど。」
担当嬢:「あ、それはですね、見学に来ていただいた方には、行員が利用する売店に入っていただくことは出来ないんです。ですから、売店では行員しか購入できない、ということなんですね。」
小 : 「はー、なるほど。」
丁 : 「じゃぁ、行員さん用には、売店に常時置いてあるんですか?」
担当嬢:「はい。他にも小判型のチョコレートや、リーフパイなどがございます。」
小 : 「負けてるやん、造幣局!」
丁 : 「あの、それ申し込みたいんですけど。」
担当嬢:「はい。では商品をあつかっております業者の連絡先をお教えしますね。」
・小 : 「ありがとうございますーーーーーっっ」


・・・・と、いうことで見事、丁稚とこでっちは「日本銀行まんじゅう(正式名称:桃山日銀まんじゅう)」をGETした!!(7/10(月)到着予定)・・・・まんじゅう映像は待て次号!!


戻る