意志決定のパートナーとして

「不動産鑑定(士)」とは…

  機”堝飴困隆嫩衂床舛箸蓮

 
    「不動産」は人の命の次に大切な財産です。使用・収益・担保・換金価値を備え、他の財産に優る「値打ち」をもっています。

しかし、個々の不動産はその立地条件や権利関係等1つ1つに個性を持ち、その「値打ち」を計る尺度を容易に知ることはできないのが現状です。不動産の鑑定評価は、個々の「不動産の値打ち」を計り、適正な価格を判定することです。

単に「価格がいくら」というだけでなく、その不動産の個々の立地条件、権利関係等、あらゆる角度から「値打ち」にアプローチして、適正な価格を導き出してゆく過程と合理的な判断基準を示し価格を決定する業務が「鑑定評価」なのです。

 
  供”堝飴佐嫩蟷里箸蓮

 
    だれもが容易に知ることができない「不動産の適正な価格」を判断したり、意見を述べたりする不動産の鑑定評価の専門家です。

そのために、不動産鑑定士は国家資格試験と実務経験を経て認定されます。(最低3年必要)そして、不動産鑑定士は、豊富な経験に裏付けられた不動産鑑定評価のスペシャリストとして、多くの人々が求める「不動産の値打ち」に対するニーズに適格に応えることができます。

 
  掘 嵒堝飴佐嫩衂床曾顱廚箸蓮

 
    不動産鑑定士が、不動産に関わる様々なポイントを考慮し、多方面からのアプローチを試みて「判断」した「価格」と、その判断を下した「過程」が記されたものです。

「あなたの土地の価格はいくらです」と価格のみを示したものではなく、その価格に至る不動産鑑定士の判断の道のりを克明に記した、いわば、不動産価格の「履歴書」なのです。

 
  検 嵒堝飴佐嫩衂床曾顱廚粒萍が期待される場面とは…

 
    このような不動産鑑定士が示した「不動産鑑定評価書」は、不動産の価格に関する最も信頼に足る意見書のひとつであり、公的・私的にあらゆる場面での活躍が期待できます。

・ 売ったり買ったりするときの価格を知りたいとき(売買)
・ 貸したり借りたりするとき(地代・家賃、更新料等)
・ 財産を相続するとき(遺産分割、相続税申告)
・ 担保で融資を受けるとき(融資額の決定根拠)
・ 不動産を有効活用についてアドヴァイスを受けたいとき(意見・提言等コンサルティング)

サービス内容

 
         
   
Copyright(C) 1999,2001 Access Appraisal Co.,Ltd
(Home Page:Speed-up System Inc. Osaka)